芸能

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1:2016/12/14(水) 11:09:41.38 ID:
    お笑いコンビ、NON STYLE(ノンスタイル)の井上裕介(36)が乗用車を運転中にタクシーと接触し、
    運転手に全治2週間のけがをさせたまま逃走したとされる事故で、
    所属事務所は13日、井上を活動自粛で自宅謹慎させることを発表した。

    弁護士法人・響の徳原聖雨弁護士は「相手の運転手がけがをしているので、法的には当て逃げではなく、ひき逃げにあたる。
    免許は35~40点の減点となるので、行政処分は重い。免許取り消しの上、3~4年は取れないでしょう」と指摘。

    警視庁は逃亡や証拠隠滅の恐れがないため逮捕せず捜査を進める見込みで、
    同弁護士は「刑事罰は書類送検後、被害者との間に示談が成立して起訴猶予となるか、
    全治2週間のけがを考えると12万~15万円の罰金刑になる」と予想する。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161214-00000007-sanspo-ent

    ノンスタ井上さん事故後、停止せず走り去る
    http://www.news24.jp/sp/articles/2016/12/13/07348940.html
    NON STYLEの井上裕介 接触事故を認識しつつ帰宅していた
    http://news.livedoor.com/article/detail/12408763/
    2:2016/12/14(水) 11:11:01.95 ID:
    マスコミみんな当て逃げって報道してたな
    ひどいね
    【逃走のノンスタ井上、弁護士「相手の運転手がけがをしているので法的には当て逃げではなく、ひき逃げにあたる」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1:2016/12/13(火) 23:47:31.36 ID:
     フリーアナウンサー・高橋真麻(35)とタレント・安田美沙子(34)が13日、都内で行われた「ファーウェイ クリスマス アワード パーティー」に登場した。

     安田は夫でデザイナーの下鳥直之氏との間に第1子を妊娠したことを、先月20日に生出演したバラエティー番組で報告。それ以降、初めて芸能イベントに出演した。「(妊娠)5か月くらい。安定期です」といい、出産時期は来年4~5月くらいかと聞かれ「そのへんですね」と答えた。

     性別は「次の検診で分かると思います。元気であればどちらでも」とニッコリ。男児の場合は「仮の名前で『こたろう』と考えています」と明かした。空腹になると体調や気分が悪くなる、食べづわりがあったそうで「夜中にカレー食べたりしました。今は落ち着いています」。

     仕事については「(出産前)ギリギリまでやりたいです」とキッパリ。出産後に芸能界を引退する意向があるか尋ねられると「考えられません。ミルク代を稼がないと」と早くも母親の顔をのぞかせた。

     妊娠5か月でもスラリとしたプロポーションは変わらない。この日は、白のトップスに朱色のロングスカート姿。左手でおなか回りを触る場面があったが、おなかの膨らみはまだ確認できない。真麻は「私がちょっと食べ過ぎたなっていうくらい」と評したが、「ポンポンと(胎内で)動いています」と第1子の鼓動は感じているという。

     一方、真麻は一般男性とオープンに交際中。一時は破局説もあったが、元に戻った。「別れたら、暗にブログでほのめかしますので」と語って爆笑を誘った。クリスマスは「収録です」と言うが、2人で過ごす予定という。結婚には「流れに身を任せて。毎回同じ話でごめんなさい。来年あたりなのかな」と思いをはせた。

     電子機器メーカー・ファーウェイはフォト&イラストコンテストを開催。真麻と安田は特別審査員を務めた。

    2016年12月13日 20時40分
    http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/628602/
    2:2016/12/13(火) 23:48:20.42 ID:
    華原朋美?
    3:2016/12/13(火) 23:49:13.49 ID:
    これが安田美沙子?
    4:2016/12/13(火) 23:53:24.67 ID:
    (●●)
    【妊娠5か月でもスリムな安田美沙子に高橋真麻「私が食べ過ぎたぐらい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1:2016/12/12(月) 16:57:14.88 ID:
    ◆加藤紗里、事故で救急搬送 心配の声相次ぐ

    タレントの加藤紗里が11日に事故に遭い、救急搬送されたことを明かしている。

    写真:タクシー事故に遭った加藤紗里/Instagramより


    ◇急ブレーキの衝撃で…「不幸続き」

    11日、SNSにタクシーから担架で運ばれる瞬間の写真を公開しファンから心配の声が相次いでいた加藤。

    「ちーん…ちょっとトラブル…不幸続き」というコメントだけで詳しい説明はしていなかったが、
    翌日12日、ブログを更新。打ち合わせ後のタクシー移動中に事故に遭い「急ブレーキの衝撃で頭と肩をぶつけて、
    もれなくキューキュー車で運ばれた おっぱいは無事。。。」と詳細を報告した。

    加藤紗里 @sari_kato0619
    ちーん...
    ちょっとトラブル...
    不幸続き
    https://twitter.com/sari_kato0619/status/807962563715567617

    加藤紗里 @sari_kato0619
    事故からのバイキング
    体が痛くて、首が回らないのは気にしないでね(笑)(涙)
    https://twitter.com/sari_kato0619/status/807962563715567617

    ■写真




    また、病院で検査を受ける予定だったが、長時間有するため、
    12日早朝から仕事があった加藤は「検査途中でやめて帰ってきちゃった」とマイペース。

    「でも包帯ぐるぐるのコルセットだけしなきゃだから首が回らな~い笑」とコルセットを巻いたショットも公開し、
    ファンからは「無理は禁物!」「痛々しい…お大事に!」「災難だったね」「大丈夫なの?」
    「フルパワーの紗里さま待ってます」などのリプライが寄せられている。

    (▼続きは以下のURLでご覧下さい)

    モデルプレス 2016/12/12 16:16
    https://mdpr.jp/news/detail/1645183
    3:2016/12/12(月) 16:58:13.61 ID:
    キューキュー
    4:2016/12/12(月) 16:58:17.26 ID:
    おっぱい、おっぱい
    5:2016/12/12(月) 16:58:31.22 ID:
    売名当たり屋か
    【加藤紗里、事故で救急搬送 心配の声相次ぐ(写真あり)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1:2016/12/12(月) 22:41:05.78 ID:
    ◆元スノボ選手・成田童夢“16歳で1200万円”からの転落明かす

    元スノーボード選手のタレント・成田童夢が12日放送の「しくじり先生 俺みたいになるな!!3時間SP」(テレビ朝日系)に出演し、
    ビッグマウスをたたきながら06年トリノ五輪で予選落ちに終わり、日本中からバッシングを受けた際のことや、競技生活を振り返り、近況を明かした。

    「自分のことに精いっぱいで周囲が全く見えていなかった」という“しくじり人生”を振り返った成田。
    スノーボードコーチの父・成田隆史氏のスパルタ教育で腕を上げ、02年にW杯初優勝を果たすなどキャリアを積み上げた結果、
    16歳の時の収入は「推定1200万円」。

    しかし、練習中のけがを機に、歯車が狂い始める。
    父親につぶされる、と思い込んだことから書き置きを残して家を出た成田。
    このことがきっかけで妹のメロも姓を母方の今井に変え、実質、一家離散状態に陥った。

    さらに06年トリノ五輪で代表になれたは良いが、もともとアニメ好きで、将来的に声優になろうと思い描いていたことから、
    五輪で目立とうと考え「恥ずかしビッグマウス&おふざけパフォーマンス」(成田)を連発。
    国民に不信感を抱かせてしまった。

    そして、肝心の本番。
    世間に知れ渡ったビッグマウスぶりとは裏腹に「緊張で震えが止まらない」(成田)状態だった。
    良い演技はできず結果は予選落ち。帰国すると、国民やメディアからのバッシングが待っていた。

    さらに追い打ちとなったのが復帰戦での負傷だった。
    肺挫傷という大けがを負った成田の心は「大会をボイコットすることもあった」ほどすさみ、スノーボードに触れるのも嫌になってしまう。
    この後、友人にお金を持ち逃げされる事件も起き、極度の人間不信に陥ってしまったという。

    その後、今の妻となる女性と出会い、「あなたが本当にしたいことは何なの?」と声をかけられたことで自分を見つめ直した成田は、
    声優学校に通いアニメ関連の仕事を志した。
    当然、すぐには仕事など得られず「死ぬほど努力してお金がもらえる。ああ世間知らずだったなと」いう当たり前のことが骨身にしみたと振り返った。

    現在は「自分なりにスノーボード界への恩返しをしたい」、「サブカルチャーとスポーツをつなぎ合わせることができるんじゃないか」と
    自身のキャリアと好みを合わせた活動を志している。

    最後のメッセージとして、「僕が言いたいのは父親がいたから、きょうだいがいたから一緒に頑張れる。
    そのことを一時期は本当に忘れていたんじゃないかなとあらためて思います。
    だからこそ、見ている方々に言いたいのは家族の絆をもう一度見直して、
    意見が対立することはもちろんあると思いますけど、ぶつかっていきましょう…



    (▼続きは以下のURLでご覧下さい)

    デイリースポーツ 2016/12/12(月) 22:23
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161212-00000102-dal-spo
    3:2016/12/12(月) 22:42:20.47 ID:
    アウトデラックスに出てた雰囲気と全然違ったな
    【元スノボ選手・成田童夢 “16歳で1200万円”からの転落明かす】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1:2016/12/13(火) 12:11:11.36 ID:
    AbemaTIMES 12/13(火) 12:00配信

     芸能リポーターの駒井千佳子氏(51)が、12日に放送されたインターネットテレビ番組『芸能(秘)チャンネル』(AbemaTV)で、「リポーターが見た! 芸能人神対応ランキングTOP3」を発表。

     「イケメン限定なんで」とことわりをいれつつ、同列2位は「氷川きよし」と「上地雄輔」。氷川については「いつも腰低い。このあいだ福岡の空港で偶然会ったら、カバンをごそごそして、自分で買ったかねふくの明太子をくれたんです!」とフレンドリーな一面を紹介。

     また上地については、「友達多いんだけど、広く浅くじゃない。広く深く。張り込み中の写真誌のカメラマンに対しても、缶コーヒーを買っていって、『おつかれさまです』と。そうされたら、やっぱり“引く”よね、人間だもん。(張り込むのを)やめちゃうよね。つかんだとしてもゆるくなるもんね」と感心した。

     そして1位は、木村拓哉。「すごいよ。初めて会ったときは、膝を組んでの挨拶だったのに、2回めから覚えてもらったら、すごい距離が“近い”んです。コンサートのときなんか、100人以上いるスタッフ全員に挨拶。カメラマンさんとかスタッフの名前も全部覚えて」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161213-00010002-abema-ent
    3:2016/12/13(火) 12:12:24.88 ID:
    でも



    オワコン
    【「芸能人神対応ランキング」1位はSMAP木村拓哉 コンサートのとき100人以上いるスタッフ全員に挨拶。スタッフの名前も全員覚える】の続きを読む

    このページのトップヘ