このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    【即席麺】エースコック、主力商品のスーパーカップ1・5倍シリーズをリニューアル
    1:2016/08/30(火) 09:56:38.96 ID:
    http://www.sankei.com/economy/news/160829/ecn1608290027-n1.html


    即席麺大手のエースコックは29日、昭和63年に販売を開始した主力商品の「スーパーカップ1・5倍」
    シリーズを2年ぶりに大幅に刷新すると発表した。かみごたえがある麺のうまさを引き立てる新たなスープが特徴で
    、パッケージもロゴマークを大きく印字するなど刷新した。同社は今回の刷新で、
    平成28年度下期の売り上げ目標を前年同期比8%増の5千万食、100億円としている。

     同日東京都内で行われた発表会には新たにCMキャラクターとなった、Jリーグ最年長選手で
    元日本代表FW三浦知良さんも登場。同社の村岡寛社長は
    「活発な競争が続いているカップ麺市場をさらに活性化する原動力となっていきたい」と意気込みを語った。
    【【話題】エースコック スーパーカップ1.5倍シリーズ リニューアル】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    【食】ローソンからあげクン「天下一品監修こってり味」を発売
    1:2016/09/23(金) 15:19:18.03 ID:
    http://ascii.jp/elem/000/001/236/1236021/


     ローソンは「からあげクン 天下一品監修 こってり味」を全国のローソン(「ナチュラルローソン」
    「ローソンストア100」を除く)で、9月27日から発売する。価格は216円。

     全国40都道府県で展開している中華そば専門チェーン店、「天下一品」の人気メニューである
    「こってり味」スープの味を再現。鶏がらのコクと野菜を煮立たせたような旨みや甘味を楽しめるという。
     天下一品は毎年10月1日を「てんかいっぴんの日」として「天下一品祭り」というキャンペーンを開催しており、それに先駆けての発売となる。
    【【話題】ローソン「からあげクン」が「天下一品監修こってり味」を再現】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    【喫茶店】コメダ、北海道で社会的ブーム!開店8時間前から行列、絶妙すぎる出店場所
    1:2016/08/22(月) 08:50:00.50 ID:
    http://biz-journal.jp/2016/08/post_16402.html
    「現象の裏にある本質を描く」をモットーに、「企業経営」「ビジネス現場とヒト」をテーマにした企画や著作も多数ある
    経済ジャーナリスト・経営コンサルタントの高井尚之氏が、経営側だけでなく、商品の製作現場レベルの視点を織り交ぜて人気商品の裏側を解説する。
     コメダ珈琲店が津軽海峡を越えた。8月10日、北海道札幌市白石区に「コメダ珈琲店 東札幌5条店」がオープンしたのだ。
    道内初上陸とあって地元メディアの関心も高く、前日の9日には、北海道テレビ(HTB)、北海道放送(HBC)、
    札幌テレビ(STV)のテレビ局3社が取材に訪れ、夕方の情報番組などで報道した。それもあってか、
    当日には最大で60人以上の行列となるほど大きな話題を呼んだ。
     筆者は9日に現地入りして、10日までを密着取材した。今回は番組で報道されなかった開業前日の舞台裏を紹介し、
    新店舗の立地選びについても言及したい。
     オープン前日の9日、午前と午後の2回に分けて店内でレセプションが実施された。地域住民にコメダ珈琲店のメニューを無料で味わってもらう催しだ。
     東札幌5条店は、札幌市営地下鉄東西線・東札幌駅から徒歩7~8分の場所で、周辺にはマンションも立ち並ぶ。
    こうした郊外型店は、店舗工事を始める前の挨拶など地域住民への配慮が欠かせない。工事中の騒音や開業後の交通往来で迷惑をかけるからだ。
    そうした調整もうまくいったようで、店内には「東札幌第五町内会」から贈られた花輪も飾られていた。
     店内で懇談中の年配女性グループに声をかけたところ、同町内の婦人たちだった。皆さんコメダ珈琲店は初めての体験で、
    「すごく量が多いのね」と注文したサンドイッチやフードのボリュームに驚いていた。店内の雰囲気にも好印象で、
    朝7時から夜23時まで営業する点も気に入ったようだ。
    「喫茶店でこんなに夜遅くやっているところはないから、お客さんが来た時にお連れすることもできますね。
    朝早くから営業しているので、人気が一段落したら夫を誘ってモーニングを食べに来るつもりです」(同町内会の65歳女性)
     近くのマンションに住むという別の女性2人組は、「朝、会社に行く前にモーニングしようと思っています。会社のみんなも『来たい』と言っていたので、
    今度はここで待ち合わせしようかな」と笑っていた。コメダのモーニングの認知度は高いようだ。
     店にとって、レセプションは翌日の予行練習も兼ねている。たとえば、注文を受けた飲食をあまり待たせずにつくり、スムーズに提供できるかどうか。
    実はオープン当初の数日間は、名古屋や東京の本部社員も制服に着替えてホールや厨房に入りサポートする。
    新店のスタッフが笑顔で接客できるか、調理手順に問題はないかなどのチェックも行うのだ。

     お客さんが帰った後、同店店長の梶田和宏氏がスタッフに接客のアドバイスをしていた。同氏は九州地区の
    複数の店の初代店長を務めた経歴を持ち、今回の店長として白羽の矢が立った人物だ。
    開店当日の朝。開店予定時刻の7時を見越して、取材班が5時50分に店を訪れたところ、すでに何人かが店の入口に並んでいた。
    「昨夜11時に自宅から自転車で来ました。旅行好きで国内各地に行ったことがあり、コメダは千葉県新浦安店でシロノワールと
    クリームソーダを食べた経験もあります。今回、地元・白石区に来るので気合いが入り、自転車に折りたたみイスも積んで徹夜したのです」(行列の先頭だった伊藤慶哉さん・19歳学生)
    ちなみに2番目の人は同市東区の男性(35歳)、3番目は同白石区の40代と50代の女性2人連れ(会社の同僚)だった。
    「札幌駅前」や「すすきの」といった繁華街ではないので観光客はおらず、利用客の大半が札幌市民だ。
    夏休み中で、学校の部活動に行く途中という女子高校生2人組もいた。
     行列を見て、営業部門を統括するコメダ専務・駒場雅志氏がお客さんに「7時の開店予定でしたが、早めに開けますのでもう少しお待ちください」と挨拶していた。
     すぐに店内では朝礼が行われ、来店客を迎える準備を前倒しした。
    梶田氏が「店舗ビジョンである『北海道の憩いの場』を目指しましょう」
    【【話題】コメダ珈琲、ついに北海道に上陸!開店8時間前から行列、絶妙すぎる出店場所】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    【芸能】ゲス川谷の新恋人ほのかりん、事務所が飲酒認めた!NHK降板か
    1:2016/09/30(金) 09:36:09.31 ID:
    サンケイスポーツ 9月30日 7時0分配信

     ロックバンド、ゲスの極み乙女。のボーカル、川谷絵音(27)との交際が発覚した
    タレント、ほのかりん(19)の所属事務所が29日、「週刊文春」で報じられたほのかの
    未成年飲酒を認めた。

     同誌は2人は今夏から交際していると報道。ほのかが8月下旬に川谷とバーで飲酒した様子も
    リポートしていた。

     所属事務所はサンケイスポーツの取材にバーでの飲酒は否定も、
    「本人に聞いたところ、(違う日に)飲酒した事実はあった」と説明。レギュラーを務める
    NHK Eテレ「Rの法則」の今後の出演については「NHKの判断に任せる」と話し、
    「今後、本人の処分を決めたい」とペナルティーを科すことを示唆した。

     NHK広報部はサンケイスポーツの取材に「飲酒報道については事実関係を確認している。
    確認をしてから適切に対処していく」と説明した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160930-00000026-sanspo-ent
    【【芸能】ゲス川谷新恋人・ほのかりん、未成年飲酒騒動でNHK降板かwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    【芸能】ベッキー“裸一貫”の覚悟 宝島社の新聞広告で“背中ヌード”披露 ★4
    1:2016/09/29(木) 14:12:53.11 ID:
     タレントのベッキー(32)が、29日の日本経済新聞朝刊(全国版)に掲載される
    出版社・宝島社の企業広告にモデルとして起用されたことが、明らかになった。
    カラーの見開き広告で、上半身に何も身に着けていない“背中ヌード”を披露し、
    「あたらしい服を、さがそう。」というメッセージを体現している。

     今年の芸能ニュースの主役になったベッキーが、裸一貫の覚悟を示した。
    商品名を打ち出さず、社会にタイムリーでエッジの効いた提言を投げかける
    同社の企業広告は、発表されるたびに話題に。今年1月に女優の樹木希林を起用した
    「死ぬときぐらい好きにさせてよ」は、今年の読売広告大賞グランプリをはじめ、
    多くの賞を受賞した。今回のベッキーの広告も、賛否両論が飛び交い大きな話題を
    巻き起こしそうだ。

     制作スタッフによると、ベッキーにリラックした状態で撮影に臨んでもらうため、
    撮影場所に選ばれたのは太陽の自然な光が入り込む閑静な住宅街のスタジオ。
    クラシック音楽を流し、スタッフを最少人数に抑えたアットホームな雰囲気の中、
    「メッセージに合った表情や動きを追求し、ベッキーさんとも相談を重ねて撮影を
    おこない、数あるカットの中からベストな1枚を選んでいます」と明かした。

     フォトグラファーは、1960年代からロンドンでキャリアを重ね、日本のファッション写真を
    第一線でリードし続けてきた巨匠・与田弘志氏。各時代のセンスを撮り続けきたそのカメラで、
    ベッキーのありのままの姿をとらえている。

     今回の広告は、メッセージと社名、そして斜め上を見上げる裸のベッキーの写真だけという、
    シンプルな内容。同社は「企業理念として『人と社会を楽しく元気に』を掲げ、広告でも
    そのメッセージを発信したい」としているが、今回の広告について詳細な説明をして
    いないため、真意については受け取る側に解釈を委ねている。

    http://www.oricon.co.jp/news/2079163/full/
    画像


    ※前スレ 09/29 02:38
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1475112641/
    【【芸能】ベッキーの覚悟 背中ヌードに辛辣な声 宝島社は余裕のコメント】の続きを読む

    このページのトップヘ